Loading...

PROFILE

アーティスト写真

©高橋 敦史

高橋健介

埼玉県出身。大宮光陵高校音楽科ピアノ専攻卒業。東京藝術大学楽理科を首席で卒業。同大学大学院音楽研究科音楽学専攻を首席で修了。在学中、同声会賞、アカンサス音楽賞、大学院アカンサス音楽賞を受賞。第31回ピティナ・ピアノコンペティションE級全国大会入選。2012年、ウィーン国立音楽大学マスタークラスにて、アレクサンダー・レスラー氏に師事。2013年から2016年にかけてオペラアカデミー in S.アマデウスに在籍し、秋山和慶の指揮で《コシ・ファン・トゥッテ》の公演等を2台ピアノで行う(その他《ラ・ボエーム》《カプレーティ家とモンテッキ家》《セヴィリアの理髪師》など)。2014年、2015年には、NHKニューイヤーオペラコンサートに稽古ピアニストとして携わる。佐渡裕プロデュースオペラには、2014年よりコレペティトールとして参加する(《コシ・ファン・トゥッテ》《夏の夜の夢》《フィガロの結婚》《魔弾の射手》《オン・ザ・タウン》)。森美術館(六本木)で開催された『リー・ミンウェイとその関係展』(2014年9月〜2015年1月)における作品《ソニック・ブロッサム》の中でシューベルトの歌曲のピアノを録音する。音楽取調掛から135年を記念した《東京藝術大学音楽学部ホームカミングデイ第1回》に出演する。ピアノを森山あす香、平田博通、北川暁子、コレペティトールを森島英子の各氏に師事。また、市原多朗氏のもとで、ヴェルディやプッチーニの作品を中心に学び、薫陶を受ける。現在は、聖徳大学大学院音楽文化研究科博士後期課程に在籍し、モーツァルトのオペラのレチタティーヴォを研究。合唱やオペラの指揮、プログラムの楽曲解説にも積極的に取り組んでいる。日本声楽家協会講師、二期会研修所ピアニスト。

 

2016年〜 公益財団法人東京二期会オペラ研修所講師
2017年〜2019年 東京藝術大学音楽総合研究センター教育研究助手
2019年〜 日本声楽家協会講師